けんこんいってき!
の過去ログ置き場。
本家blog

管理人:嵐羽 & すぽあ様
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ホムンクルスオンライン、一時閉幕。
b0032787_20273522.jpgミストフェリーズ52歳。
CI込みのINTが84となり、SP回復量が15/4秒。
2回のSP回復で、カプリスを使えるようになりました。
かなり戦闘力が上がった感じ。

ここ最近、VITが上がってませんが、代わりにAGIとDEXとINTが良い伸びを見せてるので良しとします。



b0032787_21251117.jpgミストフェリーズに引っ張られる形で、主人の嵐鳥遙さんのレベルも上がっています。
ホム召喚時73/40だったのが、今では78/44。
最近では、ミストフェリーズの補佐があればGD2辺りは楽々なので、Jobも徐々に上がりはじめてます。
特化や有効属性武器の使えない念相手だと、もう主人の通常攻撃とミストフェリーズの通常攻撃に、殲滅力の差が見られなくなりました。
覚醒P飲まないと、ミストフェリーズの方が殲滅速い。
頼もしくなったものです。



さて、そんなわけで。
衝動から、ついついケミのいる3rdアカウントにWMを使ってしまった為、30日間ホムンクルスオンラインを続けていましたが、明日でチケット切れの為、一旦休止となります。
WMでチケット買うのは1アカウントのみと決めてるんです。
明日からは、またメインキャラの嵐羽が居る、1stアカウントで活動することになります。
と言うわけで、今日は第一次ホムンクルスオンラインの総まとめとして、ホムンクルス(主にバニルミルト)のまとめを書きたいと思います。
まとめっていうか、雑記ですね(何
ホムに興味なければ全く意味を持たない特集ですし、テンプレ記載事項も多分に混ざる部分も多いので、読みたい方だけどうぞ。
なにより、実装からもう二ヶ月経つしね( ´-ω-)zzz...








ホムンクルス(主にバニルミルト)についてあれこれ。




[01] バニルミルトの特徴

スライムとかゼリーとか、そう言う感じの呼び方で呼ばれる軟体ホムンクルス。
初期のステータスは、四種の中でダントツ最下位だが、驚異的な成長速度を持っているので、高レベルになると、全ての基本ステータスで他のホムを上回る。
2006年5月現在、実装されているスキルは3つだが、どれも性能的に不安定。
また、他のホムと違い、ステータス上昇の補助スキルが無く、パッシブスキルの効果がそれ程大きいモノでは無いので、スキル面では、やや他のホムンクルスに遅れを取る事が多い。
未実装スキルは、よく分からないけど期待しない方がよさげ。
現状で満足しましょう。

餌:セルー
種族:無形
属性:無属性
サイズ:小



[02] バニルミルトのスキル

・カプリス

概要:
対象の敵一体に、地水火風の属性のボルトどれか一色をランダムで使用する。
使用するボルトのレベルは、スキルレベルに比例する。(最大5レベル)
消費SPは、20+SkillLv*2。Lv5だと30消費する。
詠唱は0だが、ディレイはLv1につき700ms増えていき、Lv5なら3500msのディレイが加わる。


特徴:
ホムンクルスの通常攻撃は、どれだけHITを上げても95%までしか命中率が上がらないため、100%命中するカプリスは、それだけで役に立つ。
勿論、属性相性の関係で、実質50%がミス…というケースも多いが、HIT不足が問題になりがちな中盤の狩り場…メタリン、おもちゃ工場、OD2等は属性相性が良く、ストレス無く狩れる。

四属性のボルトがランダムにでる…ということで、高レベルの聖属性や闇属性は苦手。
地水火風四属性の相手も苦手だが、地属性1くらいなら割と安定したダメージが出せる。
闇属性1や、不死属性の相手、無属性の相手には安定するので、狩り場選びの参考に。

カプリスの最も強い所は、ホムンクルスのMATKに関する仕様にある。
通常のキャラクターのMATKは、5の倍数で上昇する最大MATKと、7の倍数で上昇する最少MATKの間でランダムに決定されるが、ホムンクルスのMATKは、5の倍数で上昇する最大MATKで固定される。
物理攻撃で例えるところの、「常にマキシマイズパワーモード」みたいなものなので、支援や装備でのMATK上昇こそ無いモノの、強力で、(魔法にしては)安定感のある物となっている。


不思議仕様・小ネタ:
・SP不足だったり、主人が座ってたりでカプリスが使えない場合、通常攻撃をしはじめる。
・草やキノコには、通常より高いダメージが出る為、一撃で草・キノコを狩る事もできる。
・しかし、属性相性は適用されるため、地属性1の草やキノコ相手には、LBで高いダメージは出ない。





・カオティックベネディクション

概要:
ホム自身、主人、モンスターのいずれか一体に、ランダムでヒールを使用する。
ヒールの回復量は、通常のキャラのそれと同じ。
消費SPは40固定。
発動するヒールは、1~SkillLvの間でランダム。
カオティックベネディクションLv5で発動するヒールは、Lv1~5。
Lv3で発動するヒールは、Lv1~3。
誰を対象にするか、その確率は、↓の表を参照。

Lv  1  2  3  4  5
敵  50% 40% 25% 36% 33%  
自分 20% 50% 25% 60% 34%
主人 30% 10% 50% 4% 33%


特徴:
バニルミルトのスキルの中で、最も不遇のスキル。
ホムンクルスに対してヒールが飛んでいっても、エフェクトは出るが回復しない。
周囲にモンスターが居ない状況だと、モンスターに行くはずのヒールはホム自身に飛んでいくので、結構無駄が多い。
「主人にヒールする」以外はミスしたと割り切れば、戦闘後のヒルクリの代わりに使えるかもしれない。
因みに、主人に来るヒール以外は全てミス、ヒールのLvはそれぞれ同じ確率で発動するとして、各レベルの回復効率を計算すると…

Lv1: 3.60
Lv2: 1.60
Lv3:10.00
Lv4: 0.96
Lv5: 9.24

こういう感じになるので、主人を回復するという目的では、Lv3カオティックベネディクションが最も優れていると言うことになる。
…多分。


不思議仕様・小ネタ:
・不死属性相手にヒールが飛んでも回復します。
・故に、不死服着てても回復します。





・チェンジインストラクション

概要:
バニルミルトのSTRとINTを上昇させるパッシブスキル。
上昇率は以下の通り。

Lv  1 2 3 4 5
STR +1 +1 +3 +4 +4
INT +1 +2 +2 +4 +5


特徴:
INTが5上昇するということは、MATKが一段階上昇するという事なので、当然取っておいて損は無いスキル。
しかし、2006年5月現在、STRの補正がリログで消滅するというバグが存在しており、「INTを上げるパッシブスキル」として見た方がよさそう。


不思議仕様・小ネタ:
・STRの補正が消える条件は以下の通り。
リログ、MAP移動、テレポ、安息、ホムの死亡
・STRの補正が復活する条件は以下の通り。
Lvアップ
・特徴の項には書いていなかったが、実はINTも効果が消滅する
・しかし、INTの補正はすぐ復活するので、ほぼ問題はない。
・INTの補正が消える条件は以下の通り。
リログ、MAP移動、テレポ、ホムの死亡
・INTの補正が復活する条件は以下の通り。
Lvアップ、コールホムンクルス、戦闘状態突入








[03] ホムンクルスの注意すべき仕様


・ホムンクルスに対する、モンスターの策敵範囲は異常。

アクティブモンスターは、かなり遠く(画面外)から、ホムの事を発見して走ってくる。
アクティブモンスターの居る狩り場では、まず真っ先にホムが狙われるとして戦略を立てること。
ケミの後を、少し距離を置いて歩いてくる設定にすれば、多少集中攻撃を回避出来る。
しかし、普通のキャラが発見される距離と、ホムが発見される距離の差がはっきり解ってないと難しいかもしれない。
どこかで検証されてないでしょうか(何

さて、この、ホムに対する策敵範囲が長い事がもたらす困った現象は、もう一つある。
それは、他のプレイヤーとタゲ関連のいざこざを招きやすい、という事。
他のプレイヤーからすれば、当然自分に来るはずの敵が、自分を素通りする訳なので、虚をつかれる形になる。
ケミは、その辺をよく理解して、多少の事故は笑って許さなければならない。
勿論、周辺で狩りをする人も、ホムの仕様が特殊だという事を頭に入れて、なるべくトラブルにならないように心がけることが大切。



・ホムンクルスの命中率の上限は95%

普通のキャラは、自分のHIT次第では、100%相手に攻撃を当てることが出来ます。
しかし、ホムンクルスは、いくらHITが高くても、命中率の上限は95%
そう言う、モンスターに近い仕様なので、必中にならないからといって悩まない方が良い。



・ホムンクルスに無敵時間は存在しない

MAP移動後や、テレポ後の無敵時間が、ホムンクルスには存在しない。
MHの真ん中にテレポートすると、凄い勢いで敵が寄ってくるので注意。
敵の多い狩り場に入るとき、敵の多い狩り場でテレポするときは、安息させてからが良いかもしれない。



・ホムンクルスには、支援魔法が無効

現在の所、ホムンクルスに干渉できる支援系スキルは、ポーションピッチャーしかありません。






[04] 小ネタ

・ホムンクルスは、いくら敵に囲まれてもFleeやDEFが下がらない。
・ホムンクルスは、HDやQM等の設置系スキルの影響を受けない。
・しかし、自爆やSG等の、一部の範囲スキルの影響は受ける。
・ニュマやSWの影響も受ける。
・状態異常にはかかるが、毒になってもHPは減らず、自然回復も止まらない。




疲れたのでこの辺でいいや…
[PR]
by moon-rain | 2006-05-10 00:48 | ROの事。
!notice!

このサイトは、RAGNAROK ONLINEの非公式ファンサイト、拳魂一擲!の過去ログ置き場です。
画面サイズ1024*768、フォントサイズ中、IE6.0以外の環境で、ちゃんと閲覧できるかどうかは解っていません。
最近まで知りませんでしたが、マイクロソフトOffice製品をインストールすると一緒についてくるフォント(HG系)を多用してるらしく、インストールされてないと、文字が意図した形で表示されない場合があります。
また、スタイルシートを使ってるので、スタイルシートを無視する環境では、レイアウトが凄い勢いで崩れると思います。

このサイトで使われてる画像とかスクリーンショットとかなんか色々は、一部を除いて、ほとんど(株)Gravity社が著作権を持ってる訳です。
まぁ何にしろ、再利用っていうか再配布とか転載はしない方が身の為というかなんというか。
(C)2004 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS),All Rights Reserved.
(C)2004 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

あと、このページの一番上に表示されてるロゴは、Kaza君に描いてもらいました。
多謝ヾ('~'*)ノ