けんこんいってき!
の過去ログ置き場。
本家blog

管理人:嵐羽 & すぽあ様
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
そして下水に帰る。
b0032787_23242669.jpgさてさて。
昨日から復活した嵐羽ですが、昨日は行かなかった、GH室内に顔を出してみました。
しかし、ここは確かにJob経験値が高いので良い狩り場なんですが、少々緩い狩り場なので次第に飽きてきます。
ならばちょっときつめにゲフェニアに…とか思いましたが、ゲフェニアは結構死ぬので、マイナスにこそなること少ないんですけど、経験値稼ぎには不向きです。


何処で狩ろうか…と考えたとき、ふと思い浮かんだ場所があります。
昨日、ギルドメンバーの風来坊氏が発光したので思い出したんですが、現在チャンプの嵐羽が、発光してから転生するまでの間、よく遊びに行っていた場所…


b0032787_23301247.jpg
GH下水3ヾ('~'*)ノ


VS窓手戦です。

高ATK、高ASPD、高HITと、近接職とは相性悪いことこの上ない窓手ですが、DEFが低く、火属性も200%効くので、「倒せない相手」ではありません。
無形三減盾が実装された今、実は意外に美味いんじゃないかと、そう睨んだわけです…!

実際狩ってみると、狙い通り、Base1M/Job800k程度の効率がでます。
もうちょっと狩りなれれば、まだ効率が上がりそうです。
これはなかなか…!!

b0032787_23394127.jpgただやはり、SPの消費が激しいですね。
ヒールは元より、QMかかるとIAが消滅するので、地味にSPを食います。
殲滅も手加減をする余裕がないので、常に全力ですし。
20~30分に一回は、青ネズミに向かって気奪しないとやってけません。
とにかく、QMが邪魔で邪魔で( ´-ω-)zzz...


狩り始める前は、「QMかけられても、どうせ大して避けられないんだし、そのまま殴ればいいか」とか、軽く考えてたんですが、甘い考えでしたね。
QM入ると、ASPDが悲惨なくらい低下するので、殲滅力激減です。
そうなると、殺る前に殺られるので、QMには注意しないといけません。
(しかも、良く計算したら、窓手の攻撃45%はかわせるし…)

こういうとき、残影があると凄く有利ですね。
QMかかると足遅くなるので、スティングに殴られてると、QMから抜け出せなくなる事もあります。
残影があればさっさとQMから抜けられるし、最良の場合、QM発生前に範囲から退避出来ます。
書いてて気付きましたが、この窓手の狩り方って、ある程度INTある、残影持ちじゃないと難しいですね( ´-ω-)zzz...
正に嵐羽に合った狩り方と言うことか…


b0032787_23421790.jpgで、もう一つうざいのがこれ。
ハイディング。
ハイドしたままで白ぽPP連打するので、ほっとくとHP完全回復しちゃいます。
サイトクリップ持ってくことで解決しましたが、あと1レベル上げないと、パワークリップ*2は手放せないので、付け替えがめんどい( ´-ω-)zzz...


しかし、この狩り場はなかなか面白いです。
経験値もそこそこ入りますし。
今日は1時間半狩って、幸運にも一度も死にませんでしたが、危なかった場面は何度かあったので、スリルもある。


……('~'*)


しばらく窓手狩りにはまりそうですヾ('~'*)ノ







☆おまけ☆

b0032787_23552797.jpg
風来坊さん、発光おめでとう('~'*)


これからも頑張ってください。

どうでも良いですが、パンツァーゴブリンに阿修羅で発光っていうのは、どこかの誰かさんの発光と一緒ですよ!
( ´-ω-)zzz...
[PR]
by moon-rain | 2006-02-25 23:58 | ROの事。
!notice!

このサイトは、RAGNAROK ONLINEの非公式ファンサイト、拳魂一擲!の過去ログ置き場です。
画面サイズ1024*768、フォントサイズ中、IE6.0以外の環境で、ちゃんと閲覧できるかどうかは解っていません。
最近まで知りませんでしたが、マイクロソフトOffice製品をインストールすると一緒についてくるフォント(HG系)を多用してるらしく、インストールされてないと、文字が意図した形で表示されない場合があります。
また、スタイルシートを使ってるので、スタイルシートを無視する環境では、レイアウトが凄い勢いで崩れると思います。

このサイトで使われてる画像とかスクリーンショットとかなんか色々は、一部を除いて、ほとんど(株)Gravity社が著作権を持ってる訳です。
まぁ何にしろ、再利用っていうか再配布とか転載はしない方が身の為というかなんというか。
(C)2004 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS),All Rights Reserved.
(C)2004 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

あと、このページの一番上に表示されてるロゴは、Kaza君に描いてもらいました。
多謝ヾ('~'*)ノ